お知らせ


5月7日より営業を再開します。
新型コロナウイルス感染拡大防止の為、約2週間店舗を閉めさせていただきました。
皆様にはご迷惑をおかけして、大変申し訳ありませんでした。🙇
営業再開にあたり、休業中に3密を防ぐよう店内を改装し
また、換気、消毒、マスクの着用などの予防対策をとり営業します。
今後は社会情勢を踏まえ、営業形態を変更する場合もありまが、
何とぞご理解とご協力の上、今後ともよろしくお願いいたします。

 


 

うこそ、東浦の小さな和菓子店、大黒屋へ!

 

18世紀後半、飴屋を営んでいた利七(りしち)が文化元年(1804年)に大黒屋を創業しました。

以来、地元の皆様に支えられ、倉吉、伊助、銘五郎、鉞太郎、暹、満、寛則と、細々とではありますが8代続き、今年で216年になりました。

 

お店の特徴としては、自家製、国産北海道小豆100%のあんにこだわり、地元に根付いた商品、季節や話題性にとんだ商品などの製造販売をしております。


 

 

 知多半島道路、アクアイグニス阿久比PAとアクアイグニス大府PAにおいて、辻口シェフとのコラボ商品”琥珀糖ペパーミント”を販売することになりました。

 商品紹介)

大黒屋製菓舗の伝統の干菓子・琥珀糖と辻口シェフのコラボで琥珀糖ペパーミントが誕生しました
できるだけ自然なミントの味とすっと鼻に抜ける爽やかなものにしたい」。味が決まるまで数か月、納得がいくまでシェフと何度も試行錯誤してようやく完成しました
ペパーミントの葉を風味を損なわないよう丁寧に抽出、ペパーミントリキュールと精油で香りを添えました。
キューブ状に切った寒天を一週間かけて丁寧に乾かすと、みずみずしい寒天は砂糖にコーティングされ、口にしたときに独特なシャリシャリとした食感と冷たい口当たりが生まれます。カラフルでキュートな琥珀糖をお楽しみください。

 

定番、琥珀糖の衣装も変わりました!

 

 

 

チャンネルガイド

 

 

メディアス スマイルメンバー限定、

 

 

マンスリープレゼントで使っていただけました!

 

 

 

 

応募条件は↓


過去ご依頼を受けて作製した練り切りの一部です。


 

2019-2020  ドライブぴあ  に載せていただきました。

 


 

daikokuya1804でInstagramはじめました。

 

気軽にフォローしてください。

 


昔ながらの酒元まんじゅう

 

7代目に聞きました。酒元饅頭っていつ頃からやってた記憶があるかと?

 

7代目が小さい時から6代目は作っていたそうで、計算すると約80年以上の歴史がありました。

 

米麹を発酵させた皮と北海道産小豆の自家製こしあんでつくる、いたってシンプルなお饅頭です。

 

一度お召し上がりください。

 


 於大羊羹は金粉入の本格的羊羹です。

お使い物ナンバー1商品です。

 

 徳川家康の母於大の方が緒川城で生まれた事にちなみ

羊羹に金粉を入れ高級感を出しました。

 

(東浦町観光協会推奨商品)

 



昔からある大きなサイズの練り切り。

 

昔からの形のみにこだわらず、

思わず笑顔になれる自由な発想のお菓子もお楽しみいただけます。